Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あまちゃん。。。

いよいよ佳境に入ってきた、連続テレビ小説「あまちゃん」ですが、今週は東日本大震災が発生してからの展開に突入した。

これを見るまで、一瞬この出来事を忘れかけている自分がいた。

被害を受けた方々にとっては、ひと時も忘れられないことでしょうし、まだまだ復興も途上、福島原発の問題も再び過熱してきている。

決して、風化させてはいけないことであり、自分の中で忘却の彼方に行きかかったことを反省して、今からでも何かできることがあれば、と思います。。。

一方で「あまちゃん」はこの復興をテーマに、どういう展開になるのか毎日楽しみに見ています。

スポンサーサイト

見てます。。。

毎日NHKの連続テレビ小説『あまちゃん』を見てます。

実におもしろい!

能年さん演じる天真爛漫な主人公に、脇を固める濃~いキャスト陣。脚本の宮藤官九郎のウィットなギャグが小気味良く展開されているので、ホント見てて飽きません。

駅員役の荒川良々が、味のある演技でいいんだな~、これが。。。

主題歌がない、というのも珍しい。その代りの「パラッパッパッパッパッパッラララ~」という軽快なテーマソングが何とも言えません。

毎晩11時からの再放送を見て、穏やかな気持ちになって就寝しております。

ご覧になっていない方は、是非一度どうぞ!

101回目のプロポーズ。。。

BSフジで月曜日の夜10時から、昔の懐かしいドラマの再放送をやっていまして、つい先日までは『101回目のプロポーズ』を放送していました。

このドラマは、1991年にフジTVの月9ドラマ枠で放送されていまして、最高視聴率36%を記録した超人気ドラマでした。

出演者は、武田鉄矢・浅野温子・江口洋介・田中律子・石田ゆり子・竹内力・浅田美代子となかなかの演者揃い。脚本は野島伸司、主題歌はチャゲ&飛鳥の「SAY YES」ということで、もう鉄壁ですね!

途中からですがレコーダーに録画して、先週末まとめてみましたが、本当に面白い!

月9の主演が武田鉄矢かぁ~?という疑問も当時ありましたが、本当に面白くて、引き込まれるんですよね。昔のドラマって、今のドラマと違うなぁ、と感じました。

展開は早いし、ストーリーに隙がないというか、無駄がないというか、どんなシーンもどんなセリフもとっても心に残るし、イイですよ、ホント。。。

ウチのカミさんはこのドラマ見たことがない、ということなので、無理やり見せましたが、最初の頃は
「演技がコントみたい」
「浅野温子きれいだけど、泣きの演技ばっかでつまらない」
「武田鉄矢みたいなオッサンに浅野温子が釣り合わなさすぎ」
と文句を言ってましたが、最後には
「これだけまっすぐに男の人に愛されたら幸せだろうね~」
と目をうるうるさせていました。
(オレには愛されてないってことかー!おまえ幸せじゃないのね?ということは置いといて。。。)

挙句の果ては「SAY YES」を毎日口ずさんでおります。当時はドラマとのタイアップ曲がメガヒットしていて、本当にいい曲が多かったなぁ。。。

どういう内容のドラマかは全く触れませんでしたので、見てない方にはおススメです。レンタルDVD借りて見てください!

今週からは「東京ラブストーリー」が再放送やってます。これも全部見るだろうなぁ。。。


おススメのTVドラマ。。。

ウチは夫婦そろって、TVドラマを見るのが好きで、毎クール気になる新番組については、初回放送をチェックして、面白ければ継続して見るようにしています。

今回のドラマは結構秀逸なものが多く、BDレコーダーが大活躍です。いつも楽しみにしているのは、「運命の人」「ストロベリーナイト」「最後から二番目の恋」「聖なる怪物たち」などです。

一番のおススメは「ストロベリーナイト」です。竹内結子が主演、誉田哲也原作の「姫川警部補シリーズ」になります。

「ストロベリーナイト」は「姫川シリーズ」の一作品のタイトルで、シリーズ名ではありません。念のため。。。

私は以前から「姫川シリーズ」は原作本で読んでいて、大体内容は知っていましたが、今放送中のドラマは、原作よりもTVドラマの方が楽しめるという珍しいケースです。

あっ、決して原作本がつまらない、ということではないので誤解のないようお願いします。ただ誉田さんの話はちょっと血生臭い系が多いので、人によっては原作を読むと気分が。。。というケースがあるかもしれませんね。

しかし、竹内結子がいい女優になったなあ、と感じます。30歳を過ぎて演技に幅が出たような気がします。そういえば、アメリカのTVドラマ『フラッシュフォワード』にも出演するなど、海外進出も果たしましたね。。。

また、このドラマの脇を固める俳優陣が、西島秀俊、小出恵介、宇梶剛士、武田鉄矢など、演技派・個性派でいい味を出しています。

もしご覧になっていない方がいらしたら、すべて一~二話完結型なので、スポットで見ても大丈夫ですので、おススメします!

みなさんは、何かおススメのTVドラマとかありますでしょうか?

懐かしの。。。

『あぶない刑事』というTVドラマを覚えていらっしゃるでしょうか?

1986年~89年頃に日テレで放送されていたのですが、私はとてもこのドラマが好きで、DVDで全編揃えてしまったほどです。

舘ひろし・柴田恭兵・仲村トオル・浅野温子というキャストで、当時のトレンディドラマの要素を取り入れたアクション・コメディ刑事ドラマという妙な設定でした。

気が向いてしばらくぶりで数話見てみましたが、やっぱりとても面白いです。

現代のドラマでは決して出てこないようなセリフ回しやアクションシーンが盛りだくさんで、気持ちがその当時の若き日にタイムスリップするかのようです。

もし、今『あぶない刑事』をリメイクしたら、舘さんや柴田さんの代わりに演ずることができる人って誰だろう?と考えましたが、ああいう武骨な感じの俳優さんって最近見かけないですね。
TOKIOの長瀬さんとかですかねぇ。。。

80年代のドラマですが、私と世代が違う方々にもおススメできます。

今日も何か変なブログになってしまい、すいません。。。

Appendix

Profile

かぴさん

2011年に職場の人間関係が原因で「うつ病」で4か月休職、復職後も再発を繰り返し、すべって転んでの日々でしたが、2014年頃にはすっかり立ち直りました。通院投薬は今でも継続しています。同じような経験の方々のブログを拝見させていただきながら、少しでも立ち直りのきっかけを探してきました。私も何かのお役に立てれば、と思っております。

Extra

プロフィール

かぴさん

Author:かぴさん
2011年に職場の人間関係が原因で「うつ病」で4か月休職、復職後も再発を繰り返し、すべって転んでの日々でしたが、2014年頃にはすっかり立ち直りました。通院投薬は今でも継続しています。同じような経験の方々のブログを拝見させていただきながら、少しでも立ち直りのきっかけを探してきました。私も何かのお役に立てれば、と思っております。

最新記事

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。